2019年10月3日
茨城・波崎港 仁徳丸
アカムツ釣行レポート

アカムツ釣りまくり月間は終わったけど、まだまだ抱卵でっぷりアカムツが待っている!
潮時: <満潮> 07:58 <干潮> 13:38 中潮 (東京晴海)
天候: 晴れ <最高気温> 28.3℃ <最低気温> 20.6℃ (東京)
釣座: 右舷大ドモ 27.2℃ 20.0℃ (銚子)
南南東の風 ベタナギ 航程1時間ほど 115→130m 前回もアカムツ
水温: 22.9℃ 潮速:流れない 潮色: 澄み潮
料金: 12,500円

本日の釣果

アカムツ 4匹

堂々トップの4連続金メダルシール。
船中6人しかおらへんかったけど。。。

釣行前のお話

前々から今日の休みを申告していたが、週明けに休めることを確認して予約を入れた。先客が2名いたのでこれで出船が確定と思っていたが、先客は予約日を変更したようで、確定待ち。しかし、翌日には出船が確定し「空いてます」状態だった。

仁徳丸の釣果はムラがあるが、僚船の釣果も確認するとどこかの船は群れに当ててアカムツを上げている。しかもまだまだ丸々太ってデカイ。まあ波崎サイズでの話だが、まだまだ乗っ込み前という状況だった。これは期待できる。

今回も職場から直行。幸運にも先客がなく、右舷の大ドモを確保した。

釣行レポート

集合時間が遅くなって5時になっている。受付開始も4時かな?でもお腹が痛い。トイレに行って戻ってくると、なななんといつもの常連名人が手を振っている。あれれ?今日は木曜日。来るとは言っていなかったはずだが???

まあ釣りバカはどこにも居るものだ。いったい何をしているのだろう?みんなサラリーマンと言うが、ほんまかいな?いやいやヨシコさんによるとほかの人は「いったいエドノさんて何やってるの?」と不思議がってますよとのこと。確かにある港では歯医者さんと言う噂がどこからか広まっていた?ここでは文筆業?構成作家か、WEBニュース記者?休んでるのは9月は多いけどそれ以外はそれほどでもないんですが???

お客さんは6人。常連名人TCYさんは左舷の大ドモに入る。そのほか左舷は3人グループが入って4人。右舷は二人だけだった。

出船は4:50am。みんな揃ったし早めの出船だ。寒いのだか?暑くなるのかわからない。まだまだ短パンでも大丈夫だったが、今日が最後かな?

ポイント到着前に釣座で支度を始める。ベタナギだ。あとは釣れてくれればいいのだが。。。
GOJINの1匹目
早々に左舷のTCY名人が丸々としたアカムツをGET。その前にもオマツリでばらしていたので連続でアカムツを食わせていた。左舷でももう一匹釣れたようだ。

アタリがない?いやあったがハリ掛かりしなかった。
今日は食いがいいか?期待した。左舷ではトップが2匹目を釣ったという。なのにこっちにはなにも喰ってこない。

調子がよかったのは最初だけ、あとが続かなくなった。船中アタリなし。今日は渋いのか?

ようやくの1匹目は7時を過ぎていた。何かちょっかいを掛けられたようなアタリがあったがハリ掛かりしない。しかしそばにアカムツか何かが居ると思って誘うとアタリが出た。巻き上げを開始したが、本命とは思うが重量感はあまりない。カタは期待できない。まあオデコ脱出の1匹目なんでうれしいことはうれしいのだが。。。

それにしても激シブだ。でも爆釣の26日も釣れ出したのは8時ころから。焦ることはない。ここから変わるかもしれない。。。
GOJINの2匹目
しかし変わらなかった。

9時ころに「沖でも見てみましょうか」と移動。
他船ではポツポツ食わせている船もあるとのこと。何が違ったんだ?帰宅後確認すると信栄丸も浜茄子丸も東洋丸もいい釣果だった。いったい何が違うんだ???これは釣り人の責任だ?船長は「船頭が違うからですよ」と言うが、いつも釣らせてもらっているのにそれはない。

ここでは投入時にシイラに餌を食われた。ドラグをギンギンに締めたが滑ってしまう。この時間帯は大きなシイラが10匹以上も船の周りを泳いでいた。掛かったサバにもちょっかいを出してくるし、ハリから外したサバを海に投げると一斉にそのサバを追いかけていた。
GOJINの3匹目
シイラを避けてちょっと移動。してしばらくしてアタリ、。誘うようにロッドを上げたときにグイグイとアタリが出た。さっき締めたドラグを少し緩めていたからか、ドラグが滑るちょっとカタに期待。そうそう、沖に出てからはロッドを気分転換に極鋭に替えていた。誘いはよく効く。しかし巻き上げのロッドを叩かれる感触に面白さを感じない。
これはデップリ太ったアカムツ。このサイズだったらうれしい。

30分ほどして3匹目。ちょっと小ぶり。しかし、これでトップに躍り出たようだ。もう10時を超えている。残り時間が少ないので爆釣なんてありえない。
GOJINの4匹目
10時半ころ「灘を見てみます」と移動。ここでも喰いは上向かない。11時過ぎに4匹めをGETしたが、続きがない。「このまま流し続けて上がります」と終了も近い。
しかし船中アタリがなく11:55am悔しいけども終了。群れは小さいようだが、うまく当たればまだまだお腹が大きなアカムツが釣れている。さていつまで釣れるか?
土曜日は今日楽しい釣りになったら行こうと思ったがモヤモヤしたのでパス。水槽の水替えなどほかの用事をしよう。
本日の仕掛け・タックル



1997年釣行記 1998年釣行記 1999年釣行記 2000年釣行記 2001年釣行記
2002年釣行記 2003年釣行記 2004年釣行記 2005年釣行記 2006年釣行記
2007年釣行記 2008年釣行記 2009年釣行記 2010年釣行記 2011年釣行記
2012年の釣行 2013年の釣行 2014年の釣行 2015年の釣行 2016年の釣行
2017年の釣行 2018年の釣行 2019年の釣行 前回の釣行

home